YanaのハリージWSに参加


ハリージの動きはこれまで習った振り付けの中にもやったことがありましたが、
YanaのWSでは、ハリージというダンスについて私が知らなかった
文化、背景を教えていただいたので、書いていきたいと思います。

まず、
「ハリージは女性の為のダンスか、男性に踊るダンスか
どちらだと思う?ハリージについて知っていることを私に教えて。
みんなが知らないことを教えるよ。」

とYanaは生徒さんに言いました。

私たちが知っていることと言えば、

サウジアラビア、湾岸地域で踊られているダンスである。
両手首をこすり合わせる動きは富の象徴

などということでした。

Yanaは、この踊りは女性が踊る、女性の為のダンスだと言いました。

サウジアラビアは特にイスラム色が強い国です。
婚外交渉したら、石打ちの刑(死刑)にされる国。ブルブル
よくニュースで問題にされていますね。
あの国です。

余談ですが、私がアラブに言った時、よく黒づくめのブルカという布で覆われている
女性を目にしました。
目だけ出ている、というスタイルはご存じだと思います。
ビックリしたのは、目の部分もフードのようなものをあて、
目ですら出さない姿を見た時です。
フードには穴がたくさん空いていて、そこから見ているみたいです。
小さな子がお祭りの屋台で買う仮面ライダーのお面を思い出しました。

話を戻して、
12歳ごろまでの子供は誰の前でも、どこででもハリージを踊ることができる、
12歳になってからは、結婚するまでは女性の前でしか踊ることはできない、
結婚してからは夫の前でしか踊ることができない

んだそう。

なんで12歳かっていうと、女性の生理が始まるのが12歳ごろ
だからだそうです。
12歳前に生理が来てしまった場合は、公ではもう踊ることができないということですね。
サウジアラビアでは、
生理が来る=結婚できる
ということらしく、とても問題だと、Yanaは話していました。

12歳からの女の子は、既婚女性の前でハリージを踊り、
結婚する為の男性を紹介してもらうのだそうです。
素敵なダンスを見せれば、こんなに素晴らしい女の子がいるよ
と伝えてもらえるってことですね。

ハリージの手首をこすり合わせるような動きも、
結婚のために宝石のブレスレットを強調し、育ちが良いことを
アピールする為のようです。

また、ハリージに出てくるキャメルの動きはラクダの動きを表しています。
ラクダは水も飲まずに長時間歩くことができますし、アラブの国では
とても大切にされています。
ラクダへの敬意を示した動きなんだそうです。

また余談ですが、アラブを訪れた外国人女性が、
アラブ男性からナンパされた時、
「おれは何十頭もラクダを持っているよ」
って言われたと、何かの本に書いてありました。

私たちからすると、は??って感じですが、
きっと彼らにしたら、車をたくさん所有してるようなすごく自慢できること
なんでしょうね(笑)

今回の選曲はもの悲しい感じの素敵な曲で、Yanaも大好きなんだそうです。

教えていただいたテクニックに、横に進んでいくステップがあります。
ステップと同時に首と胸を前後に動かします。
首を引く時に胸が出る、首は前に出すのではなく、
引く(二重あごになる動きだよ)動きを意識するらしいです。

そして、イラキのジャンピングなステップより、
ハリージのそれはもっと膝を曲げるのだとYanaは言っていました。

イラキもハリージも髪の毛を振り回しますね。
イラキのドレスはタイトでお腹は出ていませんが
セクシーな体を見せているダンスです。

一方、ハリージは体型が見えない衣装ですが、
髪と手、ショルダーの動きなどで出せるセクシーさ、なのだそう。

Yanaの切れの良いハリージは本当にかっこいいです。
あんなふうに踊れるようになるには練習が必要ですね。

この日、私は3つのWSを受けましたので、足がひどい筋肉痛になりました。
ハリージは首を回す動きのせいで、首も痛くなりました。
でも、がんばって練習しますとも…。