一人でやってます 自由でいたいから


今回は、私のベリーダンスの取り組み方
&なぜそうしているのかについてを書きたいと思います。

ベリーダンスを始めたての最初の4年程は、先生に基礎を習いました。
今は団体には所属せず、フリーでベリーダンスをしています。

個人的にレッスンで教えていますが、入会金などはとらずに一回ごとに料金をいただいています。
スタジオも持っていません。

ショーをする時も、場所の確保や内容、集客方法も基本的に自分で決めています。

もちろん一人で全部やるのって大変だし出来ることに限界がありますので、
(照明や音響をしてくれる人や受付の人もいないので)
自分の周りの人にお手伝いをお願いしています。

他にダンサーはいないので、ショーは基本、一人で30分ほど踊ります。
6~7曲ほど用意しないといけないので、これがけっこう大変です(汗)
練習も一人でこんこんとしています。
ここがおかしいとか、こうしたらいいとかアドバイスくれる人もいません。

ですがあえてこの方法を選んで今までやってきました。
それは、

    私が誰かについていくことも、引っ張っていくこともできない
    性格だと思うからです。

団体に所属していた時は、同じ時期にダンスを始めた友達ができたので一緒に練習したり、
何時間もベリーの話をして盛り上がりました。

私の先生はダンスは天下一品でしたが、時間とお金にルーズなところがあったので、
時々、友達と先生の悪口をいったり(笑)
一緒に県外までWSに行ったり、ショーを見に行ったりもしました。
今、思いだしてもあのころは楽しかったなーって思います。

友達のことは好きだったけど、私は集団行動が元々苦手で、
だんだんと団体の中でのルールがきゅうくつに感じるようになっていきました。

例えば、どこかで踊るにしてもいちいち先生の許可がいる、
ショーでどの曲を踊るか指示される、衣装を買う時も先生にこれ買っていいか、
聞かないといけない、県外もWSの参加する時も逐一報告、
ギャラの一部を先生に納めないといけない、勝手にショーは企画してはいけない  etc…

先生のいうことは絶対で、突然の予定変更や、
講師になってからのお給料の支払い延滞なども受け入れました。

もちろん、よいショーにする為に、ダンスの質を高いものにする為には
先生の指示は必要なことです。

でも私は、ベリーダンスは自己表現のためにやっていると思っていました。

ダンスはきゅうくつな日常の中で
自分を表現できる数少ない方法の一つだと思っていたので、
会社の延長のようなルールに我慢できなくなりました。
会社ですら、給料延滞はありえないですが…。

ちょうど、もうベリーはしばらくお休みしよっかなー
と思っていたころに私は妊娠をしました。
それが、団体を離れる一番のきっかけになりました。

出産後また復帰するのですが、小さな子供を連れて、
初めて自分でショーをすることにしました。
結果は、準備不足で散々なショーになりましたが(笑)

でも、今は私は自分はフリーであることが気に入っています。
自分で全部決められますし、身軽でいい。

なので、私は自分の生徒さんを絶対に束縛はしたくないのです。
何をするのも自由です。
人は、自分の意思をそれぞれ持っていますし、抑えつけておくことなんて
出来ないと思います。

特に、私の生徒さんは自分より年上ばかりで人生経験でいうと私より
先輩だし、生徒なんて言葉を使っていいのか…と思います。

もちろん私にベリーダンスを教えて下さった先生のことは尊敬しています。
ご飯を食べに連れて行ってくれたり、やさしくしてくれたことも、感謝しています。

先生は、私たち生徒一人一人をプロのダンサーに育て上げようと
必死になって下さいました。
ベリーダンスはピンのダンスである、というお考えで、
生徒を自分のバックダンサーとして扱ったりはしませんでした。
踊る時も一人で踊る機会を作って下さいました。
アラブの文化や、ベリーダンスの歴史も教えて下さったし、
先生と過ごした時間はとても有意義でした。

でも、いつまでもそこに所属するつもりもありませんでした。
っていうか無理でした(笑)

自分が選んだダンスがベリーでよかったなってほんとに思います。
基本、一人で踊るダンスだしソロでも十分やっていけると思います。

ベリーを選ぶ人って雌ヒョウのような女性多いですよね(笑)

こないだ生徒さんのMさんと話をしてました。
私「私、楽しいことしかやりたくない。楽しいことだけして生きていきたい」
Mさん「大丈夫。ここには自由な人しか集まって来ない!」

と言われ、とってもうれしかったです。

県外のベリーダンススクールのお話も聞いています。
他の教室のショーは見に行ってはいけないとか色々縛りがあるみたいですね。
せっかく育てたダンサーを他に引っ張っていかれると確かに困るでしょうね。
独立心が強い人は自分でスタジオを立ちあげちゃうでしょうし。

でもルールで縛ったって、出て行く人は引きとめられません。
その人を育てる時にレッスン代を頂いてるんだから、
それだけでいいじゃないかと思います。

辞めていった人を悪く言う先生もいますが、
ダンサーを自分の駒として使おうとする気持ちがあるから、
逃げられると悔しかったり、腹立ったりするんじゃないですかね?

あなたがもしきゅうくつな環境にいるなら、お引っ越しの準備をお勧めします。
うまくなり、自分で一通りのことができるようになれば、
ソロでやっていけます。

あるいは先生をチェンジするってのも手だと思います。
ベリーダンスが上手い人はゴロゴロいますし、自分と合う先生を見つけることで
楽しさは全然変わってきますもんね。