私は健康オタク


こんにちは、いつもありがとうございます。
サヒルンです。

今日は私の食、日用品へのこだわりについて
あーたらこーたらとうんちくをたれます。

私は今、30代後半なのですが20代頭のころから、
日用品にものすごく気を使っています。

きっかけは、日焼け止めだったと思う。
私は学生の頃から日焼けが嫌でしたので、
めちゃSPFの高い
日焼け止めを使っていたところ、
顔の皮がむけちゃいました。

あとはシャンプーのせいなのか、
ホルモンのせいだったのか不明ですが、
頭皮にニキビのような出来物がたまに出来て、
それがすっげー痛かったのです。

けっこうデリケードだったのかもしれません。
その時、もっと肌につけるものに気をつけた方が
いいんじゃないか?と思ったのです。

それで無添加とか自然派の商品に
興味を持ち始めました。



あとは、姉の影響も大きかったです。

姉は中学生の時に卵巣のう腫という病気に
なってしまい、卵巣摘出手術を受けました。

姉の卵巣は水がたまり、その量はなんと9kgだったそう。
病気の時の姿はまるで妊婦さんでした。

昔の姉はヤンキーのように性格の荒い人でしたが、
妹の私には、自分がしたような手術をしてほしくない
と思ってくれたようです。

後に、原材料がよくないシャンプーなどの
日用品を使うと脂肪が多い子宮や卵巣がやられてしまう、
経皮毒というものを調べてきました。

そして、有害なケミカルの素材を使っていない
シャンプーや化粧品をくれました。

今でこそノンシリコンシャンプーとか、
そういった考えは受け入れられていますが、
当時は姉に言われたことが怪しくて
またなんか騙されてるな、
なんて思っていました。

けれど、やっぱり使ってみると
使い心地が全然違ったのです。
それは本当に感じました。

20代の時から、私はずっとそのシャンプー
を使っているんです。
お値段が高めなので
よく他のものに浮気しますが、
やっぱりいいものはいいんですね。

私は、割と今でも肌はきれいだと言われます。
頭のできものも全然できなくなりました。

化粧品や洗剤なども、ケミカルなものを
使わないように気をつけています。

バレリーナ愛用!オーロラシャンプー



あと、食べ物に関しては子供が出来てから気をつけるように
なりました。

これは完全に旦那の影響です。

旦那は元パン職人だったので、
パンにはどんな添加物が入ってるのか、
口うるさく言いました。

トランス脂肪酸やマーガリンも取ってはいけない、と。
これらは手作りのパン屋さんでさえも、
けっこう使われています。

旦那は私が浮気するよりも、山○パンを
食うほうが怒ると思いますね…。

妊娠するまでは、マク○ナルドや、コンビニ弁当、
カップ麺など、ジャンクなものも食べていましたし、
コカ○ーラも飲んでいました。

今は一切食べませんし、子供にも与えていません。

肌の美しさを保つには食べ物の影響は
大きいと思います。

昔から、顔のパーツに自信がなかった私は、
せめて肌をきれいにしようと思っていました。
肌の面積は顔面で一番広いですよね?

後は、
電子レンジは使わない、
甘いものを食べすぎない、

 など気をつけていました。

お灸やカイロプラクティック、ヨガや
アロマにも興味があります。

幼稚園も自然育児を推奨するところを
選びました。

一時期は健康オタクようにそんなことばかり
考えていました。
こういうことって気にし出すときりがないの
ですけれどね。

ぜも、健康維持を気にせず、
病気になったら病院に行けばよい
という考えは私にはありませんね。

なるべく薬には頼らない生活が
したいなあと思っています。

でも、一番の私の健康維持法は、
べリーダンスをすることですね。
一番の楽しみですよ❤