大人になって自分の好きなことができる幸せ。 子供のころはしんどかった


私は自由への欲求が強い人だと思います。

できたら、自分の好きな楽しいことだけして生きていきたいです。
みんなそうか…。

何年か前に、私は久々に自分が小学校の6年生だった時の卒業文集を見ました。
そこにはみんなの将来の夢が書いてありました。

友達のは、サッカー選手になりたい とか 何屋さんになりたい とか
書いていました。

私のは、
自由になりたい

…すごい漠然としている。

小さい時からそんな子だったんだなーと改めて思いました。

思い出すと、小学校の時は暗黒時代でした。
私が育ったのは田舎で、1学年に1クラスしかなく、
クラス替えもありませんでした。

私は小さい時から要領が悪く、けっこう繊細な性格の持ち主でした。
大人の人とうまくやっていけず、
自分は学校の先生から嫌われているんだと感じていました。

特につらく感じたのは、6年生の時でした。
担任の女の先生は5月くらいに病気で亡くなり、代理の先生に代わりました。
この代理のじいさん先生とは本当に性格が合わなかったです!

今は、学校の先生が生徒をたたいたり、蹴ったりしたら問題になるんでしょうが、
私が子供のころはそんなの当たり前で、
私は毎日のように先生に叩かれていました。

それに加えて乱暴な男の子がいて、毎日砂を私に砂をかけたり、
お腹を殴ったり、飛び蹴りをされたり。
私はストレスで学校に行きたくなくなりました。

親に学校がつらいと話しても、
先生の言うことを聞かないお前がいけない
と言われました。
誰もわかってくれない、友達だって見て見ぬふりだし、
孤独だなと感じました。


子供だからバカにされる、だから早く大人になりたい

っていつも思っていました。

そんな時、ちょうど尿検査で血尿が出て、
検査のために病院に通いました。

やったー!しばらく学校休める!と思い、本当にうれしかったです。
学校に戻るとまた男の子に、
「登校拒否しやがって。」
みたいなことを言われました。

私の家族はみんな、普段はやさしい人でした。
よくかわいがってもらいましたし、楽しい思い出もたくさんあります。

でも、基本的に気性が荒い人ばかりでした。

父親と祖父のけんかはすさまじかったね、
と今でも母と話題にします。

夕食を食べていた時にテーブルがひっくり返って
ご飯がザザーッと流れていきました。
マンガみたいですよね。

ガラスがガシャーンと割れ、
おばあちゃんのシャツには血がついていました。

母親は私と姉を連れて外へ逃げ出し、バス停でしばらく泣いていました。
まだ小さかった私にはわけがわからない光景でした。

ほんとによくけんかをしていて、
それを見るとなんともいえない不安な気持ちでいっぱいでした。

小学生のころは私も姉も、チック症がひどかったです。
家族に精神科にも連れていかれて、ショックでしたね。

母親も円形脱毛症や胃潰瘍になったりして、
けっこうストレスでやられちゃってたと思います。

子供のころは恐怖でいっぱいでした。
そのころの私にとって、学校と家は人生の全てでしたし。

一番つらかった小学校時代を過ぎると、楽になりました。
でもやっぱり私は要領が悪く、学校が嫌いでした。

みんなが同じようにしないといけないとか、アホみたい。
校則だって無意味に感じました。
グレてたわけではないのですが、どの先生も大っきらいでした。

学校を卒業したらやっと好きなこと出来るんだー
と思い、がんばって通っていました。
結局、私は大学までいきましたが。

高校の時には初めて友達とアメリカに行って以来、
海外にものすごく興味がわきました。

大学中もバックパックを背負って一人で海外旅行に行きました。
ものすごく開放感がありました。非日常的でとても楽しかった。

卒業しても就職せずに
旅先で出会った友達と、また海外に行ってしまいました。

海外に行くと、

「世界は広いしいろんな人がいるんだな、
小さいことで悩んでる自分ってしょーもないな」

と思えました。
旅先でベリーダンスにも出会いましたしね。

今、自分が大人になって子供が出来て育ててみて、
ようやく大人の気持ちや、親の気持ちも理解できるようになりました。

「きっと私、生意気だったんだろうな。私だって悪いところがあったのだろう。
大人だって完ぺきじゃないんだし。」

と思えます。

それに、人生でつらい時期って誰にでもあると思うんです。
私にとってはそれが子供のころだったというだけで。

私は小さい頃、押さえつけられていたと感じていたので、
大人になって自分の意見がこんなにも通ることを
本当にうれしく思っています。

私には二人の子供がいますが、
自分の子供には、例え小さくても
自分のことは自分で決められるようになってほしいと思い、
かなり二人に意見を聞くようにしています。

やっぱり子供でも意見は尊重されるべきですよね。

自分の事は自分で選択できるって最高だと思います。

つらいことや、嫌な人を避けるのは当たり前のこと。
我慢がいいとは思いません。

好きなことをとことんやるのは、悪いことではないのです。

それにしても、今思うのは
私は小さい時からダンスがしたかったな、
ということです。

何か夢中になれることがあれば、つらい時期でも
忘れることができたのになと思いますね。