衣装って洗っていいの??


汗まみれでブラはぐっしょり!
ショーの後のコスチュームって、あなたはどういうケアをしていますか?

買うと何万もかかる高額なモノだし、
気に入ったモノはできるだけ長く着たいですよね。

そこで、大切なコスチュームを長持ちさせるために必要なのが適切なケアです。

いちいちクリーニングの出すのはお金がかかりますし、
汗を落としたいなら、洗うのが一番!?

…でも、衣装って洗えるの?
って思いませんか?

私は自分の先生に
衣装は洗えないから、ショーの後はすぐ陰干ししてね
って教わりました。
そして、それを忠実に守ってきました。

が!
く、くさい…。
ふと嗅いでみると、におうんです。

1回や2回の着用じゃ悪臭は放ちません。
でも、何年も繰り返し使った私のブルーのジプシーのスカートは、
いやーなにほいを放っていました。

踊ると汗がたくさん出ますもんね。

「おもいっきり香水かファブリーズが必要か?
いや、洗ってみてはどうだろう?
でも、色はげちゃうかな?
もう古いし、捨てちゃおうか?
ちょっと穴も空いてんだよね」
なんて、色々悩んでいました。

どうせ捨てるんなら思い切って洗ってみよー
と思い、バケツにせっけんをとかした冷たい水をたっぷり入れて
思いきってつけてみました。

そしたら、みるみる青い汁が出ました。
やっぱりはげたあ!と思いながらもザブザブ
洗ってやりましたよ。

とってもスッキリしました。
洗濯機で脱水もしちゃいました。
しばらくハンガーにかけて放置。

乾いたころにスカートを見に行ってみると、
意外と色はげたのが分からないんです。
元が濃いブルーだからか、
まだ全然いける!

清潔第一。
匂いも取れましたし、思いきって洗ってみてよかったです。
またこのスカートを着ておどりたいので、
今も、大切にタンスにしまってあります。

はじめて私が洗ってみた衣装はジプシーのスカートでしたが、
もしかしてオリエンタルの衣装もいけんじゃない?
と思いまして、

そんなに臭わなかったんですけど、
ライクラ生地の衣装を洗ってみました。
生地にラメがついているので、とれちゃうかな?と心配しながらも
ザブザブ水につけてみました。

結果。
意外とラメはとれませんでした。
もしかしたら洗うことで少しとれちゃったかもしれませんが、
洗わなくても時間の経過とともにラメは若干、とれますしね。

ストーンが何個か取れてしまったので、
ホームセンターで 布用ボンドを買ってきてくっつけました。

ショーのたびにすっきりと気持ちよく着ることができるので、
私は衣装を洗うのが好きです。
2~3回のショーで使うたびに洗っちゃっています。
毎回洗うのはさすがに…ちょっとできないですが。

だた、持っているモノの中にHallah moustafaという
エジプトのデザイナーの衣装がありまして、
それは洗えないタイプの衣装でした。

高級アセテートというサテンの生地で、シワになりやすいのです。
シワをとろうとしてためしに少し目立たないところに水をつけてみると、
水あとがつき、シミのようになってしまいました。
しまったなー!と思いました。
この衣装は洗えないので、着るのを慎重になってしまいます。

私はガンガン実験してますが、洗濯するがどうかは
ご判断はあなたがしてくださいね。
私のように洗うのが正しいわけではありません。

今はわざわざ海外に行かなくても、
インターネットで素敵な衣装が手に入る、便利な時代ですね。
着なくなった衣装は中古で売ったりして、
新しいものを調達することも簡単です。
何度も同じ衣装を着ると、だんだんテンションも上がらなくなってしまいますしね。

でも、
「この衣装であの時友達と踊ったな、楽しかったな」
なんて思い出がたくさんつまった衣装って
手放すのちょっとつらいです。

ベリーダンスの衣装って海外のおはりこさんが
一針一針チクチクぬってくれているんでしょうね。
だからこんなに値段が高いんですよね、きっと。
ためしに自分で衣装を作ったことがありますが、(縫製はド素人です)
大変でしたし、もうやらないかな。

運命の一着を見つけたら、本当にうれしいですよね。
その時の気持ちを忘れずにいたいと思います。