ビエンナーレいしかわを見た!


10月1日のビエンナーレいしかわを見てきました。

石川のいろんなバレエ教室の先生や、
生徒さん達のおどりが見られる機会でした。

私的には、全部が全部好きだったわけじゃないけど、
中にはとてもおもしろいなーと思う演目がありました。
(つまらないなと思うものも正直あり…。)

私は、娘たちと私の母親と一緒に見ていたのですが、
横を見るとお母さんは船をこいでいたようです。

そして、3歳と6歳の子供たちにはバレエ鑑賞はちょっと長すぎたようで、
そわそわしだすし前の席をけったり、
足を上げたりして前のおばさんに怒られちゃいました(泣)
ごめんなさい!

私が思うに、クラシックバレエって本当に上手じゃないと
見ていてなんかつらいし、つまらない。

なんでしょうね、あの難しいダンス。
下手でもお客さんを笑わせたりとか、受けを狙う方向に
持っていけないのもつらいよね。

モダンバレエもたまに激つまんない作品が登場するんですが、
これはたぶん好みもありますよね。

踊っている人の自己満足なんだろうな、って思ってしまう。

同じような踊りが何曲も続くとお客さんもダレてきてしまいますが、
そんな中でストーリー仕立ての内容になっていたり、
他とは違う演出でやられると、
おっ!!
っと思っちゃいます。

私の好みはインパクトがあるダンスだなと思いました。

この日の私のお目当てはエイミーオドノヒューさん。

ロシア国立チャイコフスキー記念イジェフスクバレエ団(なげー名前!)
所属のプリンシパルを務める方です。

エイミーちゃんの出番は一番最後でした。

私はこの日を本当に楽しみにしていたので、
チケットは自由席だったので、当日2時間も前から並びました。
どうしても前のほうで見たかったんです!

だって、以前バヤデルカを東京で見たとき、
あまりにステージが遠くて悲しかったんですものー。

この記事です。
↓↓↓
キエフバレエのバヤデルカを見た!
http://sahil8.com/kievballet-labayadere

それにエイミーちゃんは私が通うバレエ教室の先生の
娘さんですし、知り合いの人が踊るとなると
やっぱり近くで見たいですよね。

並んだおかげで3列目の席をゲット。

いざ、エイミーちゃんの出番。

すごい、キラキラしている!

エイミーちゃんはステージ映えする人だなあと思いました。
普段は割と控えめですが、普段の彼女とは全然違いました。

抑えている感情が舞台で一気に放出するようなイメージでした。

勝手に目がエイミーちゃんを追いかけていきます。

あれ?なんか緊張してる?

と最初思いましたが、踊っているうちにだんだんと
柔らかな表情になっていったように思います。

すごい、あの足の動き。
膝から下の動きがとっても柔らかで、
あんな難しそうなダンスを簡単そうに踊っている。

しかも軸が全くブレない。

ほんと、大興奮です。
素敵!ってしか言えない。
想像以上にすごかった。

あんな素敵なダンスが見られるなんて本当に幸せでした。

エイミーちゃんの出番はほんの10分ほどでしたが、
2時間待ったかいがありました。
本当に見られて良かった。

前の席のおばさんの機嫌も直り、
エイミーパワーでニコニコ顔でした。

P.S.
エイミーちゃんはビエンナーレのために日本に残っていたので、
本日、ロシアに戻っていきました。

とってもさみしいけど、仕方ない。

ここにいてはもったいない。

エイミーちゃんは多くの人に
必要とされるダンサーなのだなと思います。

また来年、元気なお顔が見られるのを楽しみにしとこう。