ベリーダンススーパースターズのダンサー達


華がありましたね、スーパースターズ。
レイチェルブライス、ソニア、シャロンキハラ、サイーダ、ジリーナ等。
拠点はアメリカ。

私が、ベリーダンスを始めたころは人気絶頂でした。

ベリーダンスというものがまだよく知らなかった私にはあれこそベリーだ!
って感じがしていましたね。

私は特にソニアの麗しい踊りが大好きでしたので、
来日した時も見に行きました。
 
ベリーダンスって一人で踊るものだと思っていましたが、
スーパースターズを見て、群舞で踊るのも素敵だと思いました。

スーパースターズはベリーダンスの中に他のダンスの要素も取り入れたりして、
エンターテイメントとして面白いことをしていました。

ただそれがアラブっぽくなく、アメリカ人らしいんですけどね(笑)

曲もコテコテのアラビアンって感じではなく、
ノリのよいシャービーでよく踊っていました。

私はソニアが好きだったのでソニアがソロで踊ったり真ん中で踊ることに
大して文句はなかったんだけど、
ステージに出られなかったダンサーもいるんだろうな、とか。

大物ダンサーの周りやバックで踊っているダンサーをみると
なんだかせつなくなりましたね。

目立たないダンサーは引き立て役か?!
やっぱりベリーダンスは一人で踊りたいですな。

ところで、スーパースターズのツアーは海外いろんなところを回っていましたが、
ツアーが長く、ダンサーにとっても体力的にキツかったようです。

段々とグループを抜けるダンサーも出てきました。

スーパースターズをプロデュースしたマイルス・コープランドが言っていましたが、
「一番大変なのは良いダンサーを集めること」
だったそうです。

(ちなみに私のマイルス・コープランドのイメージはビジネス、ビジネス!
って感じのうさんくさそうなおっさん。でした。)

元々知名度があったダンサーもいましたが、
無名のダンサーはスーパースターズを利用して有名になり、
後にソロとして自分の好きなスタイルでダンス活動を続けていけるようになった
のでよかったんじゃないですかね。

女性は家庭や子供、パートナーを優先することも必要です。
出産っていう大イベントがありますしね。

サイーダなんてアルゼンチンの人だし、
スーパースターズの仲間として一緒に動くのはやっぱり無理だったかも。

サイーダの旦那さんもダンサーなのですけれど、お子さんと旦那さんと3人家族で
日本に来日してショーをしていました。

そういうのいいなあ、って思いますね。

スーパースターズが今はどうなっているのか私は知りません。
私が好きだったダンサーはもうみんないなくなっちゃったと思うなあ。