バレエレッスンに行ってます 


私の生徒さんは自営業の方ばかりで、
3月は確定申告や子供の行事などで忙しく、
レッスンはお休みされるので、私はひまです。

なので、自分の為のレッスンに励んでいる毎日です。
私は、ここ何ヶ月かバレエのレッスンにハマっていて、とても楽しいです。

前からベリーダンスを踊っている時、私はバランスが悪くて、
つま先立ちでラーシャする時やダブルアラベスクの時にふらついていました。
なんとか軸をしっかりと保てないかなーと悩んでいました。

以前、同じ時期にベリーダンスの教室で習っていた友達のMちゃんは
小さいころからバレエを習っていました。
Mちゃんの軸はぶれないし、体も超柔らかくて、
アラベスクやターンが本当にきれいでした。

そこで私はバレエの基礎を学んでみようと思いました。

Mちゃんに悩み相談をしたところ、

「バレエって体のどの部分を使うかが細かく決まってるんだよ。
 感で覚えるんじゃなくて。だから、レッスンを受けてみたら。
 ストレッチが中心のレッスンより、
 ガンガン進めてくれる教室がいいんじゃない?」

とアドバイスをくれました。

バレエレッスンを受けた時、最初はびっくりするくらい、
ほんとに何もできない!
と思いました。
ベリーダンスは習っていても、他のダンスとなると話は別ですね。

バレエは足を大きく上げたり、ジャンプしますが、
ベリーダンスではあまり跳ねる動きはないですよね。

なので、足を上げたまま、
キープしなければならない時も、
「重い!無理…。」
となりました。
自分の足ってこんなに重いんだなーと感じました。

あとジャンプした時、かなりきつかったです。

「このダンスはおデブにはきつい!だからバレリーナはあんなにやせてるんだな。
体重を落とさないと、とてもやってられないダンスだ」

ハアハアと息切れしながら、そう思いました。

そして、バレエは動きの一つ一つに名前がついていて、それを覚えるのに大変でした。
ベリーダンスも動きに名前は付いていますが、
それよりも多いんじゃないですか…。

始めたてのころは、レッスンに行くたびにひどい筋肉痛になりました。
特に足。
モモの裏側が大変なことになりました。
半年くらいたってからちょっと慣れてきて、痛くなくなってきましたが。

でも、バレエではベリーダンスの時はあまり使わない筋肉を使うので、新鮮でした。

バーレッスンを受けた後、先生は「自由にストレッチをどうぞ」
と言われるのですが、開脚してみると体が柔らかくなっていて驚きました。
縦開脚がレッスン前より楽にできます。

いつもフロアで上半身の体重の重みをかけて開脚していましたが、
もしかして立って、自分の力で足を持ちあげるのが、効果的なのでは?と思いました。
重くてきついんですけど…。

私が通っているのはミセスのクラスです。
年齢層も20代から60代と幅広いのですが、
先生はわりとガンガン進めてくれるので、それもすごくうれしいです。

バレエレッスン、いいですよ。

ちなみに私は、バレエのレヴェランスと呼ばれるお辞儀がとても好きです。
あれ、美しくできるようになりたいです。

バレエの公演に行くと、最後はもうしつこいくらい何度も出たり引っ込んだりして
ありがとうございました、のごあいさつしてくれますよね。

「疲れてるんでしょうし、早く楽屋行って休んだらいいよ」
って、思ってしまったくらい。

あ、ベリーダンサーの踊り終わったら、
わりとサーっとはけていく感じも、かっこよくて好きですよ(笑)