バレエの要素を取り入れ、丁寧に踊る


ベリーダンスはアイソレーションを使うダンスですね。
一部分だけ動かし、他は動かさない。

慣れないと難しいですよね。
ベリーダンスからいきなり入る人は、体の軸を保ちながらアイソレーション
を行うことに苦戦するのではないでしょうか?

私も、とても軸というものを気にしています。
部分的に大きく動かそうとすると、
姿勢が悪くなったりおかしな動きになりがちです。

私と同じ悩みを抱えてはいませんか?
もしそうであればおススメなのが、

バレエのレッスンを受けることです!

これはとても効果があります。

ベリーダンスの練習に加え、バレエの練習もすることで
柔軟性や姿勢の良さ、軸の使い方や体の引き上げ方
が学べます。
バレエはベリーダンスよりもずっと、体の柔らかさが必要ですもんね。

それにベリーダンスには多少バレエっぽい要素も入っていますよね。
形は少し違いますが、
アラベスク、パッセ、シェネ、手のアンオーのフォームなど。

バレリーナはなぜあんなに無理な体勢で立っていられるのか??
昔から私にはなぞでした。

バレエの先生に聞きましたところ、コツは

脚だけで体を持ち上げるのではなく、上半身を使って引き上げるのだそう。
そして、胃を中にしまうような感じで、
背中側をピンと伸ばすのが正しい姿勢
なのだそう。

これができるとターンもとても回りやすく、きれいです。

私はつま先立ちで立つことがとても苦手でしたし、
そもそも正しい姿勢って一体どういうこと?!って状態でした。

ベリーダンスの振り付けでつま先立ち(ルルべ)で、ラーシャ(シミー)を
するというのがありまして、ふらついて立っていられませんでした。

ですがバレエをすることで変わってきたと思います。
かかとが高く持ち上がり、フラフラしにくくなりました。

そしてバレエは腰を動かさないように踊っていますし、
軸がぶれないようにするための訓練としてもってこいだと思います。

バレエのレッスンを受けるといろんなところが筋肉痛になりますけど。
ベリーダンスとは違う筋肉を使っていますもんね。
(ほんとに、行くたびに筋肉痛で、一体いつになったらなれるんでしょ。)

あと、足先の動きが美しくなれるはずです。
床から離れると必ずポイント(つま先を伸ばす)にしないといけないのは、
バレエもベリーダンスも一緒ですしね。

そうはいっても、ベリーのレッスンに通い、バレエも習うんじゃあ時間的にも金銭的にも
なかなか厳しいです。
DVDや本などを使い、
家で、またスタジオで練習するのもよいと思います。
なにも本格的にバレエが踊れるようにならなくても、ベリーダンスに役立つ基礎を
取り入れればいいですもんね。

やはり、どんなダンスを踊っても、上手だなと思う人にはぶれない軸が通っています。
美しいダンスを見せるためにバレエの基礎を活かしてみてください。